SUBARUは2018年4月9日、全面改良によって5代目となる中型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「フォレスター」の米国仕様車を日本の報道陣向けに披露した。同年3月28日に「2018 New York International Auto Show」(ニューヨークモーターショー)で世界初公開したSUVである。「インプレッサ」「XV」に続き、新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」(SGP)を採用した。同車の開発責任者である布目智之氏によれば、現行フォレスターの「どこにでも行ける、どんな場所でも使える」という“信頼”をベースに、冒険心を掻き立て、気持ち良く移動を楽しめる「活動的な気持ちを駆り立てるクルマ」を目指したという。