Windows 10のバージョン1803(開発コード名:Redstone 4、以下RS4)の一般提供が2018年4月中に始まる。使い勝手の面では、Windowsのデスクトップを担う「エクスプローラー」とエージェント機能「コルタナ」、および標準Webブラウザー「Edge」の改善で、煩わしさを減らしている。

 最初に、Windows 10のユーザーインタフェースを構成するエクスプローラーとコルタナ、そしてEdgeの役割分担を簡単におさらいしておこう。

 エクスプローラーは、デスクトップやタスクバー、スタートメニューなどを管理するソフト。ユーザーにとってはファイル管理に使うソフトとしてなじみ深いが、内部的にはユーザーインタフェースを司る「シェル」として位置付けられる*1

*1 日本語環境では「エクスプローラー」と表記されるが、英語版の呼称は「File Explorer」。

 Edgeは、もうひとつの“エクスプローラー”である「Internet Explorer(IE)」に代わるWebブラウザー。Windows 10以降のソフトウエア開発環境「UWP(Universal Windows Platform)」を用いたソフトで、PCやスマートフォンなどのマルチデバイスで利用できる新ブラウザーだ。名前はIEからEdgeになったものの、エクスプローラーと並んでインターネット上のオンラインサービスやクラウド連携アプリケーションの入り口という位置付けに変わりはない。

 コルタナは、ユーザーから音声入力やキーワードで操作を受け付けるデジタルアシスタント。ユーザーは音声やタスクバーに統合された検索欄を通じてコルタナに指示を出す。

 この3つの連携により、ユーザーの操作や指示に対して、ローカルアプリケーションからインターネット上のサービスまですべてを起動できるようにしてある。ファイルの関連付けに応じてローカルのアプリケーションを起動したり、URLの内容によってアプリケーションやEdgeを呼び出したりする。

操作と表示の無駄を減らした新デスクトップ

 RS4におけるエクスプローラー周りの改善点は、

  • スタートメニューのインデックスの改良
  • 集中モード(Quiet Hours)
  • マイピープルの改良
  • オンラインストレージ「OneDrive」の状態表示
  • UWPアプリの自動起動や発行元/バージョン表示
  • コルタナのリマインダー機能や通知欄の整理

などがある。ユーザーに不要な情報を表示しないようにする機能追加と、これまでの機能追加で生じていたGUIの混乱を整理した。

スタートメニューのインデックス文字を簡略化

 Windows 10で復活したスタートメニューは、解像度によっては画面の半分ほどを占める巨大なメニューを表示する。デスクトップモードのとき、左側に「すべてのアプリ」、右側に「ピン留めしたアプリ」が並ぶ。RS4では、このうち「すべてのアプリ」欄がスリム化された。

 従来のWindows 10 1709版(開発コード名:Redstone 3、以下RS3)までは「すべてのアプリ」が名称順に並び、先頭文字がインデックスとして付いていた。日本語では50音がすべて表示され、「ふ」「フォト」、「へ」「ペイント3D」といったように、限られたスペースをインデックス文字が占めてしまう。

スタートメニューのインデックス表示は、これまでの50音から「あ行」「か行」と行別で表示領域が小さくなり扱いやすくなった
[画像のクリックで拡大表示]

 RS4では、これを「あかさたなはまやらわ」と50音各段の先頭文字だけにした。これにより「すべてのアプリ」のリストが短くなり、スタートメニューにある程度の高さがあればスクロールせずにアプリケーションを選べるようになった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら