Windows 10の春アップデート、1803版(開発コード名は「Redstone 4」、以下RS4)が2018年4月中に登場する。新味のある機能は大きく3つ。作業履歴を時系列でたどれる「Windows Timeline」、近くのPCやスマートフォンにURL/ファイルを簡単に転送できる「近距離共有」、OSが収集したPCの診断データの中身を精査できる「診断データビューアー」だ。

  • (1)Windows Timeline
  • (2)近距離共有(Near Share)
  • (3)診断データビューアー(Diagnostic Data Viewer)

 以下では、RS4でWindowsの使い勝手を改善する上記の3機能のメリットと位置付けを見ていこう。

(1)「Windows Timeline」で作業履歴を一覧表示

 Windows Timelineは、アプリケーションによる文書作成やWebブラウザーの「Edge」によるWebページの閲覧などの「作業」を履歴として保存し、あとから作業の再開を可能にする機能。アプリとファイルを時系列に整理してユーザーに提示する新GUIで、Windows 10 1803全体を通して目玉となる変化だ。

 Timelineでは、こうした履歴項目を「アクティビティ」と呼ぶ。わざわざ別の名前を付けているのは、従来の「最近使ったもの」のような単純な起動履歴ではないから。アクティビティとしてTimeline上で扱えるようにするには、アプリケーション開発者がTimelineのAPIを使ってTimelineに登録する必要がある。逆に言うと、Timelineに対応していないアプリは、アクティビティを登録しないのでTimelineの履歴には残らない。

Windows Timelineの実行画面。起動中のアプリケーションを一覧する「タスクビュー」と統合されており、最上部には現在のウィンドウ(タスク)、その下には過去に起動したアクティビティをカード形式で表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 Timelineを呼び出すアイコンは、起動中のアプリケーションをサムネイル表示する「タスクビュー」と同じ位置にある。Timelineはタスクビューを兼ね、履歴の先頭には起動中のアプリケーションのウィンドウ一覧を表示する。その下がアクティビティの表示領域だ。

 アクティビティは画像とテキストを組みあわせた「アダプティブカード(Adaptive Card)」というオブジェクトを利用する。オブジェクトの実体は、JSON(JavaScript Object Notation。JavaScript用のオブジェクト表現)形式のテキストと画像データの組み合わせだ。テキストと画像だけでなく、ボタンやダイアログボックスのようなものも記述できる。

 JSONはWebでは一般的なオブジェクト記述形式。特定のOSやWebブラウザーに依存しないため、Windows以外のAndroidやiOSといったスマートフォンOSでも扱いやすい。記述するのは論理的な構造とコンテンツだけで、具体的な画面上の配置などは表示側の環境に応じて変わる。

 例えば、WordなどのOfficeスイートであれば、作業対象のファイルや再開に必要な情報、作業を表すアダプティブカードをTimelineに登録する。ユーザーが作業を再開すると、アプリケーションは自身が登録した情報を使って作業環境を復元する。Webブラウザー(Edge)なら、閲覧したWebページやサイトのURL、サムネイル画像などを使ってアクティビティを登録しておく。ユーザーが該当のアクティビティを選ぶと、Webブラウザーは指定されたページを表示する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら