規制改革推進会議の第二次答申に対応して、総務省が「放送を巡る諸課題に関する検討会」の下に設置した「放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会」の議論が大詰めを迎えている。2018年5月22日に開催された第6回会合において、総務省は事務局として分科会骨子案を提示した。

この先は日経ニューメディア購読者限定です。