総務省は2018年4月2日に「衛星放送の未来像に関するWG」の第3回会合を開催した。この日総務省は、WGの論点案を提示し説明した。「衛星基幹放送における帯域の有効利用」「空き帯域の利用」「帯域の再編」「その他」の大きく四つの観点から7論点を示した。

この先は日経ニューメディア購読者限定です。