人間の仕事が人工知能(AI)に置き換えられていくと、企業は「AI社員(AIシステム)」を抱えることになる。そこで、我々の同僚、AI社員とはどのような社員なのかを考えてみた。

 AI社員は、スーパー知力を持つ。大量の一般知識と専門的知識を備え、それらに基づき、業務のインプットとなるデータを大量かつ論理的に処理して大量のアウトプットを生む。彼らは、人間のインテリ社員のスーパー版、すなわちスーパーインテリ社員なのだ。

 また、感情がないから、やりたいこともやりたくないこともない。やれと言われたことをひたすらやる。彼らは、人間の指示待ち社員のスーパー版、すなわちスーパー指示待ち社員でもある。

 つまり、AI社員は、人間の「指示待ちインテリ社員」のスーパー版、すなわち「スーパー指示待ちインテリ社員」なのである。だから、指示次第で彼らは「スーパー使える社員」になる。

だからAIは仕事モドキをやりかねない

 半面、指示次第で、彼らは「スーパー使えない社員」にもなる。

 仕事の本質とは、消費者にとっての価値を生むことであるから、消費者にとっての価値を生まない作業は、仕事モドキでしかない。しかし、指示されれば、AI社員はその“仕事モドキ”をひたすらやる。

 例えば彼らは、消費者にとっての価値はどうあれ、指示次第では目の前の法人顧客の言いなりのスーパー「下僕」となる。指示に準じるためなら、素材の品質よりも納期をスーパーに優先するだろう。

 また、消費者にとっての価値や法人顧客の意向がどうあれ、会社や所属部門のためだけに働くスーパー「会社人間」ならぬスーパー「会社AI」にもなる。指示に準じるためなら、会計データをスーパーに改ざんするだろう。

 だから、もしもAI社員が大挙して仕事モドキをスーパーにやれば、企業は崩壊に向かう。そのことは、誰もが容易に想像できるはずである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら