「こんろのグリルでの子どものやけどに注意!」。調理中のグリルを子どもが触り、手にやけどを負うといった事故が多発している。こうした状況を受けて、国民生活センターが注意を呼びかけている。

 2010年12月以降、20~30の医療施設が同センターに報告したグリル付きこんろによる子どものやけどの事案は36件。台所で夕食の準備中、11カ月の女児が魚焼きグリルのガラス面に手をつき、人差し指から薬指をやけどした――。こんな事例だ。

 事例全体を見ると、やけどを負った子どもは、いずれも月齢8カ月から25カ月。患部は大半が手首から先で、特に人差し指や中指、薬指といった長い指に集中していた〔図1〕。

〔図1〕「II度」以上が7割超
やけどを負った部位の多くは手首から先。特に、人差し指や中指、薬指に多く見られた。症状の程度は真皮まで達する「II度やけど」以上の事案が全体の4分の3を占めた(資料:国民生活センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 月齢8カ月から25カ月といえば、歩行できるようになったり、好奇心が芽生え始めたりする時期だ。伝い歩きで台所に入り、炎やスイッチ類などに興味を持ち、触ろうとする状況は想像に難くない〔写真1〕。

〔写真1〕つかまり立ちで容易に手が届く
つかまり立ちできる12カ月児(身長77cm)が台所で手を伸ばす様子。グリル扉にも十分に手が届いている。周囲のさまざまな物に好奇心を抱き始める時期でもあり、注意が必要だ(写真:国民生活センター)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら