人材不足がIT業界全体で深刻化するなか、シニア人材の活用は喫緊の課題。シニアSEとして輝き続け、雇用する側もハッピーになるにはどうすべきか。シニアや雇用者へのヒアリングと併せて、45歳を過ぎても生き残るSEの在り方を探る。