1995年(平成7年)、米マイクロソフトが発売したOS「Windows 95」は世界中で売れ、インターネット時代の幕開けを告げる出来事となった。企業情報システムのオープン化にもつながった。

Windows 95が発売された1995年11月23日の風景。午前0時からの販売開始を求めて、秋葉原のPCショップや大手の家電量販店には長蛇の列ができた
写真:Fujifotos/アフロ
[画像のクリックで拡大表示]

 1月17日、兵庫県を中心とした近畿圏を最大震度7の阪神・淡路大震災が襲った。地震による傷がいえない3月には地下鉄サリン事件が発生。6月には全日空機がハイジャックされた。8月に発電を開始した高速増殖炉「もんじゅ」は12月にナトリウム漏洩事故を起こした。

 社会不安が日本を覆う1年だったが、ITの世界に目を向けるとインターネット時代の幕開けの象徴となる出来事があった。11月23日木曜日午前0時、米マイクロソフトのOS「Windows 95(以下、Win95)」日本語版の国内販売が始まったのだ。

 「深夜なのに店じゅうに人があふれていた。そんな光景は見たことがなかった」。同日深夜に秋葉原でWin95を買い求めた男性はこう振り返る。11月23日の日本経済新聞朝刊によれば、秋葉原の家電量販店「ラオックス・ザ・コンピューター館」の前に100メートル以上の列ができ、マイクロソフト日本法人(現日本マイクロソフト)やPCメーカーの社長が駆けつけ、0時を合図にくす玉を割ったという。「Win95」フィーバーは大阪や名古屋、福岡、札幌など日本中に広がった。

UI改善、ネットを身近に

 Win95の出荷が米国で始まったのは8月24日。予定より1年遅れていた。「今後、Win95を抜きにして企業情報システムを語ることは難しくなる」と当時の日経コンピュータは書いている。全世界で7000万本、日本国内で約400万本を出荷した「Windows 3.1」の後継OSであるほか、多くのメーカーのPCにプレインストールされるというのが理由だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら