ブロックチェーン技術は金融業界の最新トレンドであるFinTechにおいて、AIや機械学習、IoTなどに並ぶ技術の一つとして注目されています。様々な企業がこぞってこの新しい技術に着目し、連日この技術を用いた実証実験の報道が紙面をにぎわせています。なぜここまで人を引きつけているのでしょうか?

 ブロックチェーン技術とは、一言で言えば「P2Pネットワーク上で正しい情報を共有するための技術」と言えます。

ブロックチェーン技術の特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 P2P(Peer to Peer)ネットワークとは、インターネットなどのネットワーク上に分散配置されたコンピュータ同士がそれぞれ対等にデータをやり取りする方式のことです。仮想通貨のビットコインなどにおいては、P2Pネットワーク上のコンピュータ間で全く同じ台帳データ(金銭の出し入れなどの取引情報を記録したデータ)を共有するために使われます。

 従来、P2Pネットワーク上で「正しい」データを共有することは困難でした。P2Pネットワークではデータがネット上に分散して存在するため、通信の途中で悪意のある人がデータを改ざんしたとしても、そのデータが正しいかどうかを検証することが不可能だったからです。

 ブロックチェーン技術ではこの問題に対し、改ざんが困難でありながら検証が容易なデータ構造(ブロックチェーン)を用い、P2Pネットワークの参加者全員が相互検証することで、「全員で正しさを保証する」という民主主義的な発想を用いて解消しています。ブロックチェーン技術の革新的な点は、長年実現できなかったこの問題に対して実質的な解答を出したことです。

ブロックチェーンの定義とは?

 ブロックチェーン技術はまだ商用化された例が少なく、技術としては未成熟な状態です。そのため、それぞれのユースケースで足りないと思われた機能を、その都度ブロックチェーン基盤に盛り込んでいっている状況です。ただ、これまで考えられてきた解釈として、大まかには以下のような仕組みであると定義できるでしょう。

  • 前のブロックのハッシュを次のブロックが持つことで、チェーン状に連なったデータ構造を形成する。
  • ネットワークの複数の参加者が上記データの確かさを相互検証する(合意形成)。
  • 合意形成によって承認された取引が、信頼されたデータとして共有される。

 様々な考えやコンセプトが日々考案されて盛り込まれていっているので、ブロックチェーン技術はまだ変わり続けていく可能性があります。

出典:日経ソフトウエア、2017年9月号 pp.77-78 特集6「文系でもわかるブロックチェーン」を改題し、再構成しました
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。