NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が5月9日に開始したメッセージサービス。携帯電話番号だけでメッセージをやり取りできるSMSの発展サービスで、扱える文字数が大幅に増えたほか動画やスタンプも送信できる。

 携帯電話の番号宛てに手軽にメッセージを送信できるSMS(ショートメッセージ)。このSMSの機能を拡張し、LINEのようなメッセージングサービスとして使えるようにしたのが「+メッセージ」だ。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社のスマートフォンで利用できる。

 最大で全角70文字のテキストと絵文字しか送信できなかったSMSと比べて、+メッセージは最大で全角2730文字のテキストと絵文字のほか、スタンプや地図情報などの情報もやり取りできる。

 携帯電話番号が分かればメッセージが送れるというSMSの手軽さはそのままに、メッセージだけでなく写真や動画も送受信できる。また専用スタンプや複数人で同時にメッセージをやり取りできるグループメッセージも楽しめる。

 +メッセージを使うには専用のアプリのインストールが必要だ。Android OS向けのアプリから提供を開始し、iOS向けは準備ができ次第提供する。メッセージをやり取りするには、相手側も専用アプリを利用している必要がある。

 SMSは送信メッセージ1通ごとに3円前後の料金が発生するが、+メッセージの利用料はパケット通信料に含まれる。パケット定額サービスを利用しているユーザーなら、追加料金は発生しない。

 +メッセージのサービス開始時にメッセージをやり取りできるのは国内の携帯電話3社間のみだが、3社はMVNO(仮想移動体通信事業者)などへのサービス提供についても検討を進める方針だ。

 +メッセージは、携帯電話事業者の業界団体「GSM Association」が標準化したメッセージサービス規格「RCS(Rich Communication Services)」に準拠している。米グーグルは同社のAndroid OSでRCSへの対応を進めており、既に40社以上の携帯電話事業者や端末メーカーがグーグルのプラットフォームを採用しているという。今後こうした取り組みと連携することで、+メッセージの利用環境は大きく広がりそうだ。

「+メッセージ」の画面イメージ。メッセージに加えて、スタンプや写真、動画なども送信できる(KDDIの発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経パソコン 2018年5月28日号 p.11
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。