教育関連の総合イベント「New Education Expo 2018 in 東京」が、東京・有明で2018年6月7~9日の3日間にわたって開催された。展示会場では、各社がICT(情報通信技術)関連の製品やサービスを披露した。

 内田洋行は2018年6月下旬に発売予定のプログラミング教材「プログラミングスイッチ」を展示した。プログラムによって制御できる箱型のスイッチで、電気回路について学ぶ理科実験での使用を想定している。通常のスイッチの代わりに、電気回路にプログラミングスイッチを接続して使う。プログラミング学習用言語「Scratch」、ワイヤレスブロックを利用するソニーのプログラミング教材「MESH」、レゴの学習用ブロック「WeDo2.0」のそれぞれに対応した製品を用意している。

 Scratchに対応する「プログラミングスイッチ Scratch用」は本体に「明るさセンサー」と「温度センサー」を内蔵。Scratchによって、明るさや温度の変化に応じてスイッチをオン/オフするなどのプログラミングができる。価格は税別で1万4900円。

電気回路について学ぶ理科実験での使用を想定した内田洋行の「プログラミングスイッチ」。プログラミングによって回路をオン/オフできる
[画像のクリックで拡大表示]
プログラミング学習用言語「Scratch」に対応した「プログラミングスイッチ Scratch用」。本体に「明るさセンサー」と「温度センサー」を内蔵している
[画像のクリックで拡大表示]
プログラミングの例。ブロックを組み合わせてスイッチの動作を決める
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーのプログラミング教材「MESH」に対応した「プログラミングスイッチ MESH用」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら