日本建築学会は2018年6月29日、「危ないコンクリートブロック塀の見分け方」を同学会のウェブサイトで公開した。

 6月18日に発生した大阪府北部の地震を受けて、専門家以外の人でも簡易にコンクリートブロック塀の危険度をチェックできるようにした。チェック箇所は6項目に及び、6項目のいずれかに該当する場合は、急いで専門家に耐震診断してもらうよう勧めている。

日本建築学会が公開した、危ないコンクリートブロック塀の見分け方。最低限チェックが必要な6項目を示した(資料:日本建築学会)

 なかでも注目に値する項目は2つある。1つは「ブロック塀の厚さが12cm未満のもの」だ。建築基準法施行令では、高さ2m以下のブロック塀の厚さを10cm以上と規定している。法令の基準よりも厳しい条件でチェックすることになる。

 実は、同学会が作成した「コンクリートブロック塀設計基準・同解説」(学会基準)では、ブロックの厚さが12cm未満の場合は鉄筋のかぶり厚さが不十分だと指摘している。そして学会基準において、厚さを12cmと定めている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら