旧都城市民会館を20年間無償貸与されていた南九州学園が、都城市に返還を申し入れた。建築家・菊竹清訓氏(1928~2011年)の設計で1966年に完成し、メタボリズムの代表例に挙げられることも多い有名建築だ。日本建築学会は5月末、具体的な活用提案やコストを示した報告書を市に提出した。学会が報告書提出を決めるまでを振り返った前編に続き、今回は報告書の詳細をお伝えする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら