世界に320超の「コワーキングスペース」を持つ米WeWorkが今春、日本第1号拠点を開業。7月までに計6拠点へと急拡大する予定だ。多業種間の交流や協業を生むことが要となるこの事業に、国内企業も続々と参画している。

 シェアオフィス事業を手掛ける米WeWork(ウィーワーク)は、2010年の設立からわずか8年で評価額2兆円とされるまでに急成長し、世界中の注目を集めている企業だ。18年3月時点で、日本を含む21カ国62都市に320を超える「コワーキングスペース」を提供している。コワーキングスペースは、オフィス空間の共有を意味する「シェアオフィス」に対し、利用者間の交流や協業を生むことを目的とする空間を目指す。

 日本進出の出発点は、17年7月のソフトバンクグループとの合弁会社WeWork Japanの設立だ。18年2月1日に第1号拠点として、東京メトロ南北線・六本木一丁目駅直結の「アークヒルズサウス」を開業した〔写真1〕。

〔写真1〕居心地良さにこだわるワークラウンジ
東京メトロ南北線・六本木一丁目駅直結のアークヒルズ内に、日本のWeWork第1号拠点が2018年2月1日に開業した。写真は利用者同士の交流の核となる「ワークラウンジ」
[画像のクリックで拡大表示]

 WeWorkの日本における開発ディレクターであるエリザベス・ウィセスカーバー氏は、「私たちが目指しているのは、異なる業界に属し、異なる生き方をする利用者たちが、アドバイスし合い、ビジネスアイデアやサービスを共有することで、互いのビジネスの成功を助けるような環境を提供することだ」と語る。

 拠点の立地は、日本法人のデザインチームと開発チームが時間をかけて調査し、決定する。徒歩圏内にある公共交通機関と、近隣の活気ある街や企業、飲食店などが拠点の価値を高めると考えているという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら