アパレルのユナイテッドアローズと中古物件改修のグローバルベイスが手掛けた吉祥寺の中古マンションリノベーション物件。ユナイテッドアローズの世界観を表現すべく、家具も同社が選択している(写真:ユナイテッドアローズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 アパレル事業の印象が強いユナイテッドアローズ。同社は流行を先取りするセレクトショップならではの強みを生かし、中古マンションのリノベーション事業に乗り出した。都心で中古物件の改修設計から施工、販売までを手掛けるグローバルベイスと2017年9月から協業し、内装から家具まで「ユナイテッドアローズの世界観」を表現したリノベーション物件を提供している。

 まずは18年1月に、中古マンションを改修した第1号物件を吉祥寺(東京都武蔵野市)に完成させ、販売を開始した。同物件の玄関は入り口右手の壁が一面鏡張り。寝室は衣服が見えるようガラス張りのウオークインクローゼットを設置している。照明は室内の雰囲気を変えるため多段階に調整できる。家具も全てユナイテッドアローズによるセレクトで、アパレルならではのこだわりを感じる。

吉祥寺の改修物件の寝室。ユナイテッドアローズは自社店舗の改修を年間に数十店手掛けており、そのノウハウをマンションのリノベーションに盛り込んでいる(写真:ユナイテッドアローズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 物件が位置するのは吉祥寺駅から徒歩6分の好立地で、リビングからは井の頭公園が一望できる。専有面積は75.97m2。家具付きの税込み販売価格は8780万円となる。オープンルームでは比較的高い年齢層の見学者が多い。窓からの眺めの良さに引かれて、「別宅としての購入を考えたい」という声もあるという。ユナイテッドアローズは年内にも都内に2つ、モデルルームを兼ねた改修物件の販売を計画している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら