米グーグルが新オフィスの建設計画を各地で進めている。米国カリフォルニア州にある都市、サンノゼのダウンタウンで土地取得を進め、広大な公共交通指向型開発(TOD)「グーグル・ビレッジ」を計画中だ。その布石となる再開発計画「グーグル・サニーベール・プロジェクト」を、同社が2017年12月に発表した。

米グーグルが米国カリフォルニア州のサニーベールで進めている新オフィス計画。敷地面積は約16万4000m2、全体の延べ面積は約9万6794m2を予定している。早ければ2021年にオープンする予定だという(資料:BIG)
[画像のクリックで拡大表示]

 敷地の広さは約16万4000m2で、サンノゼにほど近いサニーベールに位置する。5階建てのR&Dオフィスブロックを2棟建設し、4階建ての立体駐車場と合わせて、総延べ面積は約9万6794m2に上る。

従業員は屋上のスロープを使い、徒歩や自転車で建物の様々なレベルにアクセスできる(資料:BIG)
[画像のクリックで拡大表示]

 設計者は、デンマーク・コペンハーゲンなどに拠点を構えるビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)。ランドスケープは、米・フィラデルフィアなどに拠点を持つOLINが担当する。

 核となるビルは、そのボリュームを通りからセットバックさせながら、長いスロープ状の屋上庭園を設ける。従業員は徒歩や自転車で、建物の様々なレベルにアクセスできる。

 「グーグルにとって住宅と交通は大きな関心であり、働く場所の近くで暮らすことのできる多用途(mixeduse)コミュニティーの創造が大切だ」。同社のグローバル不動産投資開発部門執行責任者であるマーク・ゴラン氏は、サンノゼの現地メディアに対してこう答えた。

 竣工後は約4500人の従業員が働くことになる。早ければ21年の完成を予定している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら