政府の地震調査委員会は2月9日、長期評価による地震発生確率値を発表した。2017年1月1日時点で算定した前回の評価と比べると、海溝型地震において、南海トラフと茨城県沖での発生確率の上昇が目立った。

ここからは有料会員の登録が必要です。