CIMの目的は、3次元形状に属性情報を付加したモデルを使い、建設事業の一連の工程で生産性を向上させることにある。そのため、各工程でのデータを後工程に引き継ぐことが重要だ。生コンに関する属性情報を付加する大成建設のシステム「T-CIM/Concrete」が、国や業界団体から注目を集めている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら