土木で3Dを活用する際、3次元CADをベースにしたCIMソフトが使われる。様々な特徴を持ったものが市販されているが、一長一短がある。そこで、橋の建設を手掛ける三井住友建設は、使い勝手を追求してソフトを自作。設計と施工の両方の効率を高めた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら