土木工事で使う3次元モデルは工業製品とは異なり、自然を相手にするので不規則な形状になりがちだ。細かな部分までモデルを作り込む負担は大きい。そこで考え出されたのが、現場の詳細な完成模型を作り、その形状をレーザースキャナーで読み取って3次元モデルを作るという方法だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら