建設現場で導入例が増えてきたVR(仮想現実)やAR(拡張現実)。さらに、現実空間に3次元モデルを映すMR(複合現実)と呼ぶ技術も生まれた。新潟県三条市の小柳(おやなぎ)建設と日本マイクロソフトは共同で、建設現場で施工管理に使えるMR技術の開発を進める。

ここからは有料会員の登録が必要です。