閉じる

3Dで土木が変わる

日経 xTECH

目次

  • 模型から施工用の3次元データを得る、意外な活用法

     土木工事で使う3次元モデルは工業製品とは異なり、自然を相手にするので不規則な形状になりがちだ。細かな部分までモデルを作り込む負担は大きい。そこで考え出されたのが、現場の詳細な完成模型を作り、その形状をレーザースキャナーで読み取って3次元モデルを作るという方法だ。日経 xTECH

  • 「MR」で工程管理、ホロレンズが建設現場にも

     建設現場で導入例が増えてきたVR(仮想現実)やAR(拡張現実)。さらに、現実空間に3次元モデルを映すMR(複合現実)と呼ぶ技術も生まれた。新潟県三条市の小柳(おやなぎ)建設と日本マイクロソフトは共同で、建設現場で施工管理に使えるMR技術の開発を進める。日経 xTECH

  • 土木の3D、「CIM」活用が始まった

     就業人口の減少と労働者の高齢化に悩む建設業界。将来の担い手不足が確実視されるなか、国も業界も生産性向上に邁進している。その切り札として期待されるのがICT(情報通信技術)。土木の3次元データ利用のプラットフォームとなる「CIM」の活用が少しずつ始まっている。日経 xTECH

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る