「なんで、うちのCIO(最高情報責任者)はいつもヒラの執行役員なんですかね。事業部門の長は常務や専務だし社長にもなれる。なのに、IT部門の長はどんなに実績を上げても、常務にすら絶対になれない。おかしくないですか」。ある大手企業のIT部門の人がそうほえていた。お怒りはごもっともだが、1つ間違っている。CIOはIT部門の長ではない。

 この人は若いが非常に優秀なIT部員だ。歯に衣着せぬ物言いで、話のロジックも切れ味鋭い。この企業のITの将来を担う人材として嘱望されており、本人にもその自負があるのは間違いないが、これから先、どんなにがんばってもIT部門にいる限り、執行役員システム部長止まりであると見えている。この企業では各部門に暗黙の「格」があり、格が低いIT部門は長が誰であってもヒラの執行役員と決め打ちされているからだ。

 自分のキャリアパスに対する絶望感、あるいはIT部門の社内評価の低さに対する不満から、この人らしからぬ荒い物言いになったようだ。ただ、そんな私情を別にしても「CIOが常にヒラの執行役員なのはおかしい」という指摘は完璧に正しい。原理原則でいえば、CIOは経営機能なのだから、ITを含めその時々の経営課題の優先度に応じてCIOの重要度も変動してしかるべきである。

 例えば、全社的な業務改革を伴う基幹系システムの刷新プロジェクトをイメージしてほしい。この手のプロジェクトでは事業部門の壁を超えて、業務の簡素化や標準化を推進しない限り成功は難しい。それなのにCIOがヒラの執行役員で、必ず難クセをつけてくる事業部門の長が常務や専務なら、CIOはどうやってプロジェクトを主導するのだろうか。この場合、CIOには強い権限を与えなくてはならない。

 この程度が分からないのだから、この企業の経営トップはITの重要性を理解しないどころか、CxO制度の本質も分かっていない可能性が高い。経営トップがCEO(最高経営責任者)を名乗っているのなら、もうアホである。欧米企業のCxO制度をサル真似しているだけなので、とてつもなく恥ずかしい。一刻も早く、CEOなどの呼称を廃止し、日本企業的な社長や会長の呼称に戻したほうがよい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら