首都高速道路会社は5月25日、土木工学などを専攻する大学生を対象に、インフラの点検と補修の最新技術を実演するイベントを5号池袋線高架下の護国寺補修基地で開催した。留学生9人を含む38人の学生が参加し、点検機器に触れ、最先端の補修技術を見学した。

鋼構造物の亀裂を補修する工法を体験する学生。重い工具を両手で支えながら、ボルトの締め付け具合を調節する(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 このイベントは、学生向けに2008年から毎年開催している「首都高点検・補修デモ」で、今年で11回目。今回は、GIS(地理情報システム)と3次元点群データを活用した道路の維持管理システムや鋼構造物の非破壊検査、ドローン(無人航空機)やAI(人工知能)を用いた点検技術などを披露した。

 参加者は、東京大学や東京工業大学など10大学の学生で、女子学生や留学生も多い。「学校ではこんなに大規模な設備は見られない。作業を実際に見ると、とても分かりやすい」と言って、興味津々の様子で見学した。

道路の点検車両「インフラドクター」。カメラとレーザースキャナーを搭載し、道路を走行しながらMMS(モービルマッピングシステム)で3次元点群データを生成する(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

鋼構造物の表面の亀裂や傷を検出する技術の実演。ブラックライトを照射すると、欠陥部分に吸着した蛍光磁粉が光る(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

橋梁の床版や高所作業車が近づけない場所など、人が点検しにくい箇所を点検するドローン(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

トンネル内のスプリンクラーを点検する水噴霧点検車。道路を通行止めにすることなく、スプリンクラーの放水量を点検できる(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

照度・電界測定車の内部。道路の照明の明るさや、ETCの電波の強さを走行しながら測定する。車内に多数設置されたモニターが、リアルタイムで測定結果を表示する(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら