国土交通省は、建設コンサルタント業務の発注時に評価対象とする民間の「登録資格」に、新たに40件を追加した。今回、対象施設として、維持管理分野に「舗装」と「小規模付属物」、計画・調査・設計分野に「宅地防災」をそれぞれ加えた。追加登録は2月27日付で、既存の資格と合わせて登録件数は251件になった。

登録資格に加わった民間資格の案内(出所:日本道路建設業協会など)
[画像のクリックで拡大表示]

 舗装の点検・診断業務に登録したのは、日本道路建設業協会が認定する「舗装診断士」など9件。舗装診断士は昨年から認定を始めた資格で、今年3月時点の登録者数は約700人。同協会が認定する資格では初めての登録だ。そのほか、阪神高速道路技術センターの「主任点検診断士」や「点検診断士」、建設コンサルタンツ協会の「RCCM(道路)」を加えたほか、点検限定で日本非破壊検査工業会の「インフラ調査士(付帯施設)」を登録した。

 標識や照明など道路の小規模付属物に対する点検・診断業務は7件。阪神高速道路技術センターの「主任点検診断士」と「点検診断士」、建設コンサルタンツ協会の「RCCM(施工計画、施工設備及び積算)」、点検業務限定で日本非破壊検査工業会の「インフラ調査士(付帯施設)」を登録した。

維持管理分野の登録資格数
(出所:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら