旧武蔵小金井電車区で休む中央線のE233系10両編成。基地内は12両分のスペースがある(撮影:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年のサービス開始を目指していた中央線グリーン車導入を「数年程度延期する」とJR東日本が発表してから、1年がたとうとしている。

 中央線グリーン車導入計画は、JR東日本が2015年2月にその概要を明らかにし、その2年後の17年3月にサービス開始時期の延期を発表した。

 20年度までには間に合わないと判断した昨年の発表から1年。グリーン車を導入する区間の駅やホームを見ると、12両化へ向けた目立った準備はない。

 5年前後の間で、駅やホームなどのインフラ側をどう変えるか。耐震補強工事や駅舎改良工事が進む御茶ノ水駅では、ホーム延伸準備などは確認できなかった。

上野東京ラインを行くグリーン車(撮影:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
2015年発表時の中央線グリーン車導入位置(出所:JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]
2015年発表時の中央線グリーン車導入区間(出所:JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 京王電鉄がロング・クロス座席転換タイプ新型車5000系「京王ライナー」を2月22日から導入し、有料座席指定列車で先手を打つ。後手のJR東日本は次の一手をどう考えているか。

2月22日に運行を開始する「京王ライナー」(撮影:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら