大阪市が発注した下水道工事のうち少なくとも15件で、施工者が埋め戻し材として指定された再生資材ではなく、より安価な通常の改良土を用いていたことが分かった。

ここからは有料会員の登録が必要です。