自動運転車の技術力では、米グーグル系ウェイモ(Waymo)が大手自動車メーカーやスタートアップをいまだに大きく上回っている。米カリフォルニア州に各社が提出したレポートによれば、ウェイモの自動運転AIが判断に迷う頻度は他社の4分の1~5000分の1という少なさだった。

ウェイモの自動運転車
(出所:ウェイモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 カリフォルニア州の交通当局は同州の公道で自動運転車をテストする企業に、その年のテスト実績を報告するよう義務づけている。各社が2018年1月に提出したレポートを読み解いたところ、興味深い事実が判明した。

 公道でのテスト走行距離を見ると、やはりウェイモが最も多くのテストを実施していることが分かった(表1)。ウェイモは2017年に合計75台の自動運転車をカリフォルニア州の公道でテストし、35万2544マイル(約56万キロメートル)のテスト走行を実施した。

表1●各社がカリフォルニア州で実施した自動運転テスト走行距離(マイル)
* 前年の12月から当年の11月まで
会社名2017年*2016年*
ウェイモ35万2544.663万5868
ゼネラルモータズ13万1675.99776
ドライブ.ai6127.60
日産自動車50074099
ズークス22440
バイドゥUSA1949.140
デルファイ1810.63125
BMWグループ1595638
テレナブ15810
メルセデスベンツ1087.7673
バレオ574.10
エヌビディア5050
ロバートボッシュ01442
フォード0590
テスラ0550

AIが判断に迷うのは「9000キロメートルにつき1回」だけ

 ウェイモのレポートで注目すべきなのは、自動運転AI(人工知能)が判断に迷った場合に人間のドライバーに運転を引き継ぐ「Disengagement(離脱)」回数の少なさだ。ウェイモの自動運転車は35万2544マイル走った間に「人間への引き継ぎ」が63回しか発生しなかった(表2)。

表2●各社のAIが判断に迷い人間に引き継いだ回数
会社名回数走行距離(マイル)頻度
ウェイモ6335万2544.65596マイルにつき1回
ゼネラルモータズ10513万1675.91254マイルにつき1回
日産自動車245007207マイルにつき1回
ズークス142244160マイルにつき1回
ドライブ.ai936127.666マイルにつき1回
バイドゥUSA421949.1446マイルにつき1回
テレナブ50158132マイルにつき1回
デルファイ811810.622マイルにつき1回
エヌビディア1095055マイルにつき1回
BMWグループ59815953マイルにつき1回
バレオ215574.13マイルにつき1回
メルセデスベンツ7731087.71マイルにつき1回

 つまりウェイモの自動運転AIは5596マイル(約9000キロメートル)につき1回しか判断を迷わないことになる。この頻度は2015年には1200マイル(約2000キロメートル)につき1回、2016年には5000マイル(約8000キロメートル)につき1回だった。ウェイモの自動運転AIの性能が着実に向上していることが分かる。

運転の難しいSF市内でテストするGM

 ウェイモを追いかけるのが、米ゼネラルモータズ(General Motors)の子会社であるGMクルーズ(GM Cruise)だ。2017年は公道テストの距離を前年に比べて10倍以上増やした。「人間への引き継ぎ」の頻度も1254マイルにつき1回と、ウェイモの2015年の水準にまで追いついた。GMクルーズの2016年における「人間への引き継ぎ」の頻度は54マイルにつき1回であり、同社がこの1年で自動運転AIの性能を飛躍的に高めたことが分かる。

 GMクルーズが面白いのは、同社が自動運転の公道テストをサンフランシスコ市内でのみ実施している点だ。一方のウェイモは、サンフランシスコの郊外であるマウンテンビュー市で公道テストを実施している。

 サンフランシスコ市内は交通量が多く、道が込み入っているため運転は難しい。GMクルーズはより条件が悪い環境でテストすることで、ウェイモの技術に追いつこうとしているわけだ。サンフランシスコ市に拠点を置くスタートアップの米ズークス(Zoox)も、サンフランシスコ市内でのみ公道テストを実施しているという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら