近くて便利──。これほど端的にコンビニエンスストアの存在意義を表現している言葉はないのではないか。最大手のセブン-イレブン・ジャパンはこのところ、事あるごとに「近くて便利」を強調している。必要なものがいつでもすぐに近所のセブン-イレブンで手に入ることをアピールするキーフレーズだ。

 そんなセブン-イレブンが近くて便利をさらに追求するべく、2018年6月1日に開始したのがスマホアプリ「セブン-イレブンアプリ」である。アプリの「会員コード」を会計時にレジで提示すれば、買った商品に応じて「バッジ」が付与される。「おにぎり・寿司」「パン」「お店巡り」など複数のバッジが用意されている。一定の点数がたまると「銅」「銀」「金」「プラチナ」とバッジがランクアップしていき、それに応じてクーポンなどの特典がもらえる。

2018年6月1日にセブン-イレブン・ジャパンが提供を始めたスマホアプリ「セブン-イレブンアプリ」
(出所:セブン-イレブン・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 同時に、セブン&アイ・ホールディングスのグループ共通ロイヤルティープログラムとして「セブンマイルプログラム」もスタート。買い物1円につき1マイルがたまり、一定数に達すると、やはり特典がもらえる。

 セブン-イレブンは今回のスマホアプリを「『楽しい』『お得な』新しいお買い物体験を提供するツール」と説明している。もっとも、セブン-イレブン側からすれば、「個客」の購買行動を把握するための新たな手段といえる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら