2018年6月、翌年4月に入社する新卒学生の選考活動が解禁となった。経団連の指針をよそに、既に多くの学生が内定を得ているようだ。そんな中、記者が気になるのは採用活動に人工知能(AI)を活用する動きだ。

 「AI採用の目的は学生と会話する時間を増やすことです。その点を改めてご認識いただけると幸いです」

 5月のある日、こんなメールが届いた。送信元はサッポロホールディングス(HD)の担当者だ。同社が新卒採用のエントリーシート(ES)選考にAIを導入したという記事を執筆・公開した直後だった。

関連記事:コピペを見抜く新卒採用AI、サッポロHDが書類選考時間を4割減

 AI採用を導入する理由は様々だ。選考業務を効率化する、ESのコピペを発見する、活躍が見込めそうな学生を予測する、内定を辞退しそうな学生を見分ける――などである。

 学生にとっては、AI採用が不安材料になるかもしれない。人ではなく、AIに選ばれると感じるからだ。

 そう思っていた中での先のメールだ。企業と会話する時間が増えることは、学生にとってはむしろメリットである。確かにそれは、同社の選考プロセスを見ると分かる。AIによってESが合格とされた応募者はすぐに面接に進む。不合格の応募者も人手でESを判定し、合格なら面接に進める。つまり、全ての応募者を人がどこかで判定するわけだ。

学生の半数以上がAIによる選考に否定的

 学生がAI採用をどう考えているのか知りたい。そう思い立ち、人材サービス会社ディスコの武井房子キャリタスリサーチ上席研究員を訪ねた。武井氏らは学生に対して就職活動に関するモニター調査を実施している。

ディスコの武井房子キャリタスリサーチ上席研究員
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年3月に結果を発表した「3月1日時点の就職活動調査」では、初めてAI採用についての意見を学生に聞いた。調査には文系・理系を合わせて1258人が回答。2019年3月に卒業予定の大学3年生のほか、理系は大学院修士課程1年生も答えた。結果は次の通りだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら