「AWS(Amazon Web Services)の背中は遠いかもしれないが、マイクロソフトのAzureに追い付くのにそう時間はかからない」。日本IBMのある幹部が漏らした一言に耳を疑った。パブリッククラウド市場は、ぶっちぎりで先頭を行くAWSに、Microsoft Azureが追いすがる展開。グーグルのGCP(Google Cloud Platform)がデータ分析や機械学習などで存在感を高める中、これらビッグ3に比べてIBMのクラウドは勢いがないと見ていたからだ。

 足元の市場シェアを見ても、クラウド分野でIBMの劣勢は明らか。米調査会社Synergy Research Groupが2018年4月に発表した「2018年第1四半期のクラウドインフラ市場シェア」ではAWSが約33%でトップ。それに続くのがマイクロソフトで約13%。IBMは約8%で3位に着けているものの伸びは鈍く、勢いを増すグーグルにその座を明け渡しそうな展開だ。

2018年第1四半期のクラウドインフラ市場シェア
出所:米Synergy Research Group
[画像のクリックで拡大表示]

 Azureは射程圏。先の幹部は、IBMのクラウドが早晩、日本市場でAzureの売り上げに肩を並べられそうだという。その胸算用からは、日本企業のクラウド活用の実態が垣間見える。

狙いはオンプレミス環境のVMwareユーザー

 IBMのクラウドサービス「IBM Cloud」の歴史を簡単に振り返ってみよう。これまでの戦略はお世辞にも一貫していたとは言い難い。その紆余曲折が、クラウド市場で出遅れた一因とも言える。

 同社がクラウド事業を加速したのは、2013年の米SoftLayer Technologiesの買収がきっかけだ。グローバルネットワークが使える、仮想マシンだけでなくベアメタルも用意するなど、AWSなどにないサービスを訴求したIaaSだった。一方で、OSS(オープンソース・ソフトウエア)の「Cloud Foundry」をベースにしたPaaS「Bluemix」の開発に注力し、アプリ開発者を取り込もうと試みた。Watson APIの提供もBluemix拡販に向けた武器の一つだ。

 IaaSとPaaSを同時に打ち出す戦略は同社に限らず、かたやSoftLayer、かたやBluemixではサービスとしての統一感に欠けた。そこで2016年10月にSoftLayerをBluemixに統合。旧SoftLayerはBluemix IaaSに名称を変え、SoftLayerブランドは消滅した。さらに2017年11月にBluemixをIBM Cloudに変更し、現在に至る。IBM Cloud発表時の同社ブログによれば「もっともミッション・クリティカルなワークロードをサポートするクラウドを提供すること」を目標の一つに掲げている。

 IBM Cloudは、IaaSからPaaS、DevOps環境やデータ分析基盤、Watson APIなどを包括した総合サービスだ。こうした「何でもあるクラウド」は顧客への訴求が難しい面がある。IBM Cloudがオンプレミス環境の顧客をターゲットに打ち出したのが「IBM Cloud for VMware Solutions」だ。これがIBMのクラウド売り上げを伸ばすキラーサービスの一つになる、というのが先の幹部の目論見である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら