調査データや統計データを掲載するコラムを長く担当しているとIT業界が数字で見えてくる。ITサービス市場は2020年以降に「崖」が待っているとか、プライベートクラウドがパブリッククラウドを上回って成長するとか、仮想通貨の不正採掘を働くマルウエアが2017年下半期から急増しているとか、記者/編集者にとって「次」の企画を考えるには欠かせない材料だ。

 市場の規模と成長率共に「すごい」と感じた調査がIoT(インターネット・オブ・シングズ)に関するものだ。数々あるが、直近でいえばIDC Japanが2018年3月14日に公表している。曰く、国内IoT市場におけるユーザー支出額、つまり市場規模は2017年実績が6兆2286億円。5年後の2022年まで年平均14.9%のペースで拡大し、2022年の市場規模は2017年比2倍の12兆4634億円に達するという。

国内IoT市場のユーザー支出額予測、2017~2022年
2017年は実績値、2018~2022年は予測値。折れ線は各年における前年比の成長率(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の別の調査によれば、2017年の国内ITサービス市場は5兆5389億円。両者は完全に別ではなく重なる部分も多いと推測するが、市場規模だけを見れば既にIoT市場はITサービス市場を12%上回っている。

イメージしにくいなら自分たちで作ってしまおう

 「消費者にとってIoTを使ったサービスってまだイメージがわかない。主戦場になっている自動運転や工場の無人化は消費者に遠く、肌身に感じない」。ソフト開発ベンチャーのSELTECH(セルテック)で社長を務める江川将偉氏はこう指摘する。

SELTECHの江川将偉社長
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の主力ビジネスはセキュリティ、次いでAI(人工知能)だ。セキュリティやAIは、サービスがあって必要とされるもの。「IoTを肌身に感じられるサービスってなんだろうと模索していたが見当たらなかった」という江川社長は2016年、暴挙に出る。「それだったら分かりやすく『家』ってことで、家に関するサービスを作ってしまおう。IoTマンションでも始めてみるかと軽いノリで建ててみた」。

 私費の1億5000万円を投じて、都内に3階建て全6戸のIoTマンションを半年かけて新築。2017年2月から江川社長は家族や社員たちと暮らし始めた。IoTマンションといっても「手元のスマホで外出先からでもエアコンをオン」「スマートロックで物理キーはもう不要」「AIスピーカーに話しかけて家電を操作」といったレベルでは無い。家中に備え付けたセンサーであらゆる行動をログとして収集・分析するマンションだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら