米インテル(Intel)や米クアルコム(Qualcomm)、韓国サムスン電子(Samsung Electronics)、米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices:AMD)など世界の名だたるチップメーカーが出資するベンチャー企業がある。米ブルースタックシステムズ(Bluestack Systems)。同社が手掛けるのは、WindowsやMacなどのPC上でAndroid対応のスマートフォン(スマホ)アプリを使えるようにするソフトウエア「BlueStacks」だ。主にスマートフォン用ゲーム(スマホゲー)をPCで遊ぶためのエミュレーターとして利用され、2017年末にダウンロード数が2億5千回を突破した。同年9月に日本語に対応し、日本にも本格的に進出を始めている。同社CEOのRosen Sharma氏にBlueStacksのビジネスモデルや日本市場への期待を聞いた。

まずは御社のソフトウエアBlueStacksについて教えてください。

 BlueStacksはPC上でAndroidのアプリを動かすエミュレーターです。実は、最初からゲームに特化していたわけではありません。2012年のサービス開始当初は、メッセージアプリの「WhatsApp」などが多く使われていました。当社は2013年の第4四半期に黒字化しましたが、その時期でもゲームの割合は大きくなっていたものの、まだゲーム以外もそれなりにありました。本格的にゲームに注力するようになったのは2016~2017年頃です。今現在は、一部の法人にゲーム以外を利用するために提供しているのを除けば、ほとんどがゲーム向けです。

米ブルースタックスシステムズ(Bluestack Systems)CEOのRosen Sharma氏
米スタンフォード大学、米コーネル大学でPh.D.取得後、複数のベンチャー企業を創業・売却。2009年から売却先の米マカフィー(McAfee)でSVPやCTOに就任。2011年にBlueStack Systems社を設立、President & CEOに就任。
[画像のクリックで拡大表示]
図 BlueStacksの画面
(図:Bluestack Systems社)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら