閉じる

インタビュー

日経 xTECH

目次

  • 4K、8Kの次は16K? テレビの未来

    映像技術の哲人、アイキューブド研究所・近藤社長に聞く

     今なお、家電の王様として一目を置かれる「テレビ」。4Kが買いか、フルHDで十分か。8Kは普及するのか。HDRは必要か。有機ELか液晶か。話題に事欠かないテレビの未来について、ソニーで「WEGA」や「BRAVIA」を成功に導いた映像技術者で、現在はアイキューブド研究所を率いる近藤哲二郎氏に聞いた。日経 xTECH

  • 海賊版サイト対策へ本当に手を尽くしていたのか、権利者団体に聞く

    コンテンツ海外流通促進機構(CODA) 代表理事 後藤健郎氏

     政府は2018年4月13日、著作権侵害サイト(海賊版サイト)を巡る法整備に取りかかることを決めた。さらに法制度を整備するまでの緊急対策として、海賊版サイトへの削除要請や検挙が難しい場合、インターネット接続事業者(ISP)がサイトへの接続を遮断(ブロッキング)しても違法性はないとする方針を決めた。日経 xTECH

  • スタートアップメディア「THE BRIDGE」がPR企業傘下に入る理由

     約8年もの間、国内外のスタートアップ業界の動向を配信してきた「THE BRIDGE」がプレスリリース配信を手掛けるPR TIMESの傘下に入ることになった。両社の代表に話を聞いた。日経 xTECH

  • 「自動運転の引き継ぎは5~10秒」 BMWの自動運転専門家に聞く(後編)

    ディルク・ヴィッセルマン氏(ドイツBMW自動運転関連シニア・コンサルタント)

     「2021年にレベル3の自動運転車を発売する」「レベル4の自動運転車は、2021年以降にはなるが、今後10年ほどのある時点で実現できる」。前編では、自動運転関連のシニア・コンサルタント(Senior Consultant Autonomous Driving)を務めるディルク・ヴィッセルマン(Di…日経 xTECH

  • 「今後10年のある時点でレベル4」、BMWの自動運転専門家に聞く(前編)

    ディルク・ヴィッセルマン氏(ドイツBMW自動運転関連シニア・コンサルタント)

     米グーグル(Google)系の米ウェイモ(Waymo)を筆頭とする、従来は自動車とは無関係だった企業を巻き込み、熾烈な開発競争が繰り広げられている自動運転車。既存の自動車メーカーはこれをどう迎え撃つのか。ドイツ・ビー・エム・ダブリュー(BMW)で自動運転関連のシニア・コンサルタント(Senior …日経 xTECH

  • LGの有機EL照明戦略、価格・流通の壁を破る

    パネルメーカーの枠を超え、市場開拓に挑む

     韓国LGディスプレー(LG Display)が有機EL照明事業の拡大に乗り出した。日経 xTECH

  • 「天才なら1億円でいいじゃん」、ゾゾ前澤社長の最終判断

    スタートトゥデイテクノロジーズ 金山 裕樹 氏

     スタートトゥデイは2018年4月1日、子会社3つを合併した新会社スタートトゥデイテクノロジーズを設立した。設立と同時に、「7人の天才と50人の逸材求む」と題し、年収を最大1億円に設定した人材募集を開始して注目を集めた。そこで、新会社のCIOに就いた金山裕樹氏に合併と人材募集の目的を聞いた。日経 xTECH

  • SE単価は上げない、ベトナムFPT会長が見せる自信

    FPTコーポレーション チュオン・ザー・ビン会長

     オフショア開発の人件費が高騰している。対日オフショアで中国と双璧をなすベトナムでもIT人材の賃金は上昇しているとされるが、FPTコーポレーションのチュオン・ザー・ビン会長は「単価を上げる考えはない」とする。日経 xTECH

  • 新材料発見にアマゾン技術、グーグルが触手 トップ研究者の焦燥

    京都大学教授 田中 功氏

     米欧中の研究開発競争が激しい「マテリアルズ・インフォマティクス(材料情報科学、MI)」。材料の物性値を集めたデータベースを使い、計算機で膨大な組み合わせを計算して新しい材料を探る試みだ。主に無機材料を対象とし、日本では自動車メーカーや材料メーカーなどに加えて、IT企業が取り組み始めた。日本で材料情…日経 xTECH

  • 社長の6年間は死ぬほど苦しかった、JAL植木会長の本音

    JAL 代表取締役会長 植木義晴氏(下)

     日本航空(JAL)は50年以上使い続けた旅客系基幹システムを航空業界向けのクラウドサービスで全面刷新した。800億円を投じた7年がかりのプロジェクト。苦労はどこにあり、経営トップとしてどう舵取りしたのか。社長の座に未練はないのか。植木義晴会長に3月末の社長退任直前に単独インタビューした。日経 xTECH

  • 破綻後最大の負の遺産、JAL植木会長が初めて明かした事実

    JAL 代表取締役会長 植木義晴氏(上)

     日本航空(JAL)は50年以上使い続けた旅客系基幹システムを2017年11月に全面刷新し、世界で使われている航空業界向けのクラウドサービスを導入した。800億円を投じ7年がかりのプロジェクトを決断した理由はどこにあり、どのように完遂したのか。植木義晴会長に、3月末の社長退任直前に単独インタビューし…日経 xTECH

  • 世紀のパロディ「フランク三浦」の末路

    「フランク三浦」の製造販売元、ディンクスの下部良貴社長に聞く

     一部の腕時計ファンから世界的注目を集めた「フランク・ミュラーvsフランク三浦紛争」が昨年決着した。騒動の主役、時計の企画開発などを手掛けるディンクスの下部良貴社長が今、全てを語り切る。日経ビジネスオンライン

  • 「インド“600万台問題”の解はHEVしかない」、トヨタ現地法人社長(後編)

    EVだけでは石油の輸入量は削減できない

     2030年までにすべての新車販売を電気自動車(EV)に切り替える――。インド政府が2017年5月に掲げた野心的な目標は、2018年2月中旬にあっさり撤回された。これは、厳しい立場にあったハイブリッド車(HEV)にとっては追い風となる。トヨタの現地合弁会社Toyota Kirloskar Motor…日経 xTECH

  • イーサリアムの「非営利」決断、創始者ヴィタリックは正しかった

    香港Input Output(IOHK)創業者CEO(最高経営責任者) チャールズ・ホスキンソン氏

     Ethereumプロジェクトの立ち上げに関わった香港Input Output(IOHK)創業者CEO(最高経営責任者)のチャールズ・ホスキンソン氏に、Ethereum設立の経緯とICOの利点・欠点について話を聞いた。日経 xTECH

  • インド攻略は「つまみ食い」で、トヨタ現地法人社長(前編)

    ダイハツやスズキからも車種を集める

    シェアはわずか4.7%で業界6位――。クルマの購買熱が日に日に高まるインドで苦戦しているのがトヨタ自動車だ。将来の巨大市場を攻略する策の一つとして、スズキとの連携を強化したばかりである。トヨタの現地合弁会社Toyota Kirloskar Motor(TKM)で社長を務める立花昭人氏が取材に応じた。日経 xTECH

  • ユーザー多くWi-Fiが高密度、問題は技術で解決できる

    米ラッカスネットワークス 社長 ダン・ラビノヴィッツ氏

     米アリス(ARRIS)傘下の米ラッカスネットワークスは、企業向けの無線LAN機器と有線LAN機器を手がけるメーカーだ。同社が持つ技術の優位性や、ケーブルテレビ向け伝送装置などを手がけるアリスによる買収が今後生みだす効果について、ラッカスネットワークスのラビノヴィッツ社長に聞いた。日経 xTECH

  • 部下や上司に誕生日メッセ送れますか?ビジネスチャットをHRテックに使う理由

     ビジネスチャットツールを開発・提供するトークノートが人材の配置やパフォーマンス管理に役立つHRテックとして売り込みを強めている。「何気ない日常のやり取りが、組織をポジティブにもネガティブにもする」。小池温男社長は忙しさにかまけておろそかになりがちな社内コミュニケーションをアプリで支援する。日経 xTECH

  • プログラミング初心者には「助言者」が必要

    米コードアカデミー(Codecademy) 共同創業者 ライアン・ブビンスキー氏

     オンラインでプログラミングを学べる「Codecademy」。ザック・シムズCEO(最高経営責任者)と共に米コードアカデミー(Codecademy)を立ち上げたライアン・ブビンスキー氏は、技術面の責任者として一からサービスを作り上げてきた。現在は、顧問として同社に関わっている。日経 xTECH

  • 車や広告に有機EL照明、「一目で分かる」違いを価値に

    コニカミノルタ パイオニア OLEDに聞く

     光る曲面が独特な印象を与えるテールランプ、ロゴが光る商品ラベル、ガラス板に浮き上がるタッチスイッチ。これらの特徴的な品々に使われているのが有機EL照明だ。開発したのはコニカミノルタ パイオニア OLED(KOPO)。コニカミノルタとパイオニアが2017年6月に設立した有機EL照明事業を手掛ける合弁…日経 xTECH

  • 空飛ぶクルマで世界を覆う、大企業社員の”起業家”

    中村翼氏(CARTIVATOR代表) 

    世界には、道路や鉄道などのインフラが不十分で移動もままならない人が大勢いる。「空飛ぶクルマ」でモビリティーの自由を広めたい。中村翼氏は、大手企業に在籍しながら、夢の実現に向けて突っ走る若き事業家だ。人が乗れる電動ドローンの開発を進める有志による組織「CARTIVATOR 」を立ち上げ、2020年の東…日経 xTECH

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る