1000万人以上の観客が見込まれる東京オリンピック・パラリンピック競技大会の運営で重要なものの1つが、テロや事故を未然に防ぐ警備である。警備業での人材不足が叫ばれるなか、成功の鍵となるのがITの活用だ。

 東京大会のセキュリティサービス&プランニングのオフィシャルパートナーはセコムと綜合警備保障(ALSOK)の2社。具体的な警備計画はこれからの検討となるが、両社とも将来に向け警備にITを活用する実証実験を進めている。その取り組みを紹介しよう。

5Gの低遅延で不審者を逃さない

 ALSOKが期待するのは、4K(4096×2160画素)の高精細画像の警備活用だ。従来のHD(1920×1080画素)では難しかった事象を捉え、異常の早期発見が可能となる。情報量が多くなるためAI(人工知能)の学習にも有効だ。

4K高精細画像の警備活用
出所:綜合警備保障
[画像のクリックで拡大表示]

 4Kの高精細映像を伝送する手段として、同社は5Gに期待する。そこで同社はNTTドコモが主体となる総務省の5G総合実証試験に参画している。

 5Gの低遅延という特徴も警備の強化に役立つ。既存のLTEの場合、通信の往復時間(RTT)は無線区間を含む携帯網で1秒以上、インターネット区間も含めると3秒程度にもなるという。「たとえAIで不審者を見つけても、3秒後にはその場から立ち去ってしまう」(綜合警備保障 経営企画部 商品サービス企画部 執行役員待遇の桑原英治氏)。

 5Gには通信をエッジで折り返す「MEC(モバイルエッジコンピューティング)」という仕組みがある。これを活用すれば大幅にRTTを短縮できるという。「MECで遅延を数百ミリ秒に抑えられるので、期待したい」(桑原氏)。

5Gの低遅延により不審者を捉えた画像を現地警備員や監視センターとリアルタイム共有
出所:綜合警備保障
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら