2020年の東京五輪開催に向け、その準備は「待ったなし」の段階に入った。方針が定まらず、開通・開業に遅れの生じていた東京都関連の重要インフラ・施設に関しても、順次ゴールの期日が明らかになっている。

 都心から豊洲、有明方面に対するアクセスが2018年にようやく向上する。3月10日に首都高速道路晴海線の晴海─豊洲間、12月に都道環状2号の新橋─豊洲間が開通する予定だ。10月11日には、東京都の豊洲市場(東京都中央卸売市場、江東区)が開場する。

 20年夏に開催される東京五輪の関連施設の建設や都道環状2号の整備、築地から豊洲への市場移転は、“小池劇場”とも評された小池百合子東京都知事の施策展開の影響を受け続けた。しかし17年11月、小池知事が豊洲市場への移転時期を18年10月中旬とすることで市場関係者と合意したのをきっかけに、混乱は収束に向かっている。

 東京都は都道環状2号の新橋─豊洲間を、当初の予定よりも約2年遅れの18年12月中旬に暫定開通させる予定だ。17年12月5日に開いた市場移転に関する関係局長会議で決めた。

位置図。環状2号が五輪前には全通しないために、整備中の東京港臨港道路(南北線)の新たな海底トンネルや国道357号東京港トンネルへの期待が高まっている(資料:取材を基に日経コンストラクションが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

築地エリア(写真左奥)から晴海エリアにかけての空撮。右手前が東京五輪選手村の建設現場だ(撮影:川澄・小林研二写真事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

晴海大橋から見た環状2号豊洲大橋と豊洲新市場(撮影:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 環状2号は都心部と臨海部の五輪関連施設を結ぶ主要道路の機能を担う。今後開通する新橋─豊洲間で構造物の新設が必要となるのは主に築地市場(中央区)の跡地を経由する区間だ。

 都はまず市場跡西端の築地川沿いに仮設の迂回路を設けて、第1次の暫定開通を18年12月中旬に実現させる。その後、市場跡の中心部に本設の地上部道路を造り、20年3月末に第2次の暫定開通を予定している。地下区間を含む全通は五輪後となる。

東京五輪開催時の築地市場跡区間。迂回路と地上区間で段階的に暫定開通させる。築地市場跡のその他の部分は、五輪関係者用の駐車場などとして使う(出所:東京都)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら