製造業で利用が進み、長期的な性能などを確認できたものが建築や土木の領域に入ってくる。多くの技術は、こうした流れに沿って社会に浸透している。材料もその1つだ。だが近年、製造業から建設業に技術が移るスピードが加速。新しい材料の導入時期の違いは小さくなっている。なかには、使われる順序が逆になりそうな材料技術も出てきた。新しいプロダクトや建物、街を生み出す魅力的な新材料に迫った。

[画像のクリックで拡大表示]

[掲載予定記事(掲載予定日)]

<インタビュー>
トヨタの木の車は今も語り草、隈研吾氏(2月12日)
冷たくない触感も炭素繊維の魅力、隈研吾氏(2月14日)
化石扱いから脱却し技術のクロス教育を、隈研吾氏(2月15日)
<プロローグ>
崩壊した新材料の“普及法則”(2月19日)
欧州のクルマが新材料に積極的なワケ(2月20日)
<炭素繊維>
CFRPでクルマを3割軽く、2割の燃費向上(2月21日)
オールジャパンで挑戦!自動車用CFRP部品を1分で造れ!(2月22日)
・地上構造物の主役にCFRP(2月26日)
・炭素繊維が鉄の牙城を崩す!(2月27日)
<樹脂>
・こんなところまで樹脂で金属を置き換える(2月28日)
・塗装レスや脱石油で環境に優しい樹脂(3月1日)
・電気特性まで高める樹脂(3月5日)
<自然素材>
・建物から国土環境へ、設計を変える「木」(3月6日)
・1兆円市場の期待が広がるセルロースナノファイバー(3月7日)
・森からクルマを造る鍵、セルロースナノファイバー(3月8日)
・「腐植材」が解決! 都市豪雨とヒートアイランド(3月12日)
<インタビュー>
・材料が決まらなければデザインができない、水戸岡鋭治氏(3月13日)
・非常識をやりきればヒットする、水戸岡鋭治氏(3月14日)
<非鉄金属>
・実用合金の中で最も軽いMg合金に熱視線(3月15日)
・体内で溶ける医療用に有望なMg合金(3月19日)
・夢ではないオールアルミの橋(3月20日)
<自己治癒材料>
・いよいよ販売、微生物がコンクリートを勝手に修復(3月22日)
・世界初・加熱不要で割れたガラスが元通り(3月26日)
・フライト中にエンジンのひび割れを直す(3月27日)
<夢の素材>
・石油に依存しない人工クモの糸(3月28日)
・エアロゲルで窓そのものが断熱材に?(3月29日)

※掲載予定記事のタイトル・内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。