室内側表面材に樹脂複合シートを採用して軽量化を図った。施工性の向上にもつながる(資料:アキレス)
[画像のクリックで拡大表示]
ビス・くぎ頭が隠れる独自のかん合部構造(資料:アキレス)
[画像のクリックで拡大表示]

 アキレスは、農畜産用断熱材「アキレストリトンシリーズ」の新製品として、さびに強く高圧洗浄が可能な「トリトンレボ-P(壁用)」を2018年6月1日に発売した。

 室内側表面材に樹脂複合シートを採用している。2012年に同社が発売した樹脂複合シートを採用したトリトンレボ-P(天井用)」をベースにした。かん合部構造を改良した壁仕様に適した断熱パネルだ。

 畜舎内装材のさび発生を抑える天井用と同様に、室内側表面材に樹脂複合シートを採用することで、家畜の糞尿から発生するアンモニアによるさびを防ぐ。樹脂複合シートは、強度とともに柔軟性に優れているため、高圧洗浄時にも破れにくく、畜舎内の衛生管理が容易にできる。

 屋外側表面材に55%アルミ亜鉛合金めっき鋼板を採用した。ビス・くぎ頭が隠れる独自のかん合部構造でさびを防止する。

 天井用と併せて使用することで、畜舎内の温度管理がより効率的になる。特に夏の暑さによる「ヒートストレス」の軽減により、家畜の成長を促し、育成率や生産性の向上、飼料コストの削減が期待できる。

 厚さは30mmと40mmの2種類。

 参考設計価格(税別)は、厚さ30mmが6770円/m2、厚さ40mmが7380円/m2。

問い合わせ先:アキレス
電話:03-5338-9552
URL:https://www.achilles.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード