東京都中央区は、銀座と築地を分断している掘割構造の首都高速道路に蓋を架け、両地区を一体化する構想の調査・検討に着手する。2018年度予算案に調査費用の500万円を盛り込んだ。

掘割構造になっている首都高都心環状線の銀座付近。左が銀座側、右が築地側(撮影:山崎 一邦)
[画像のクリックで拡大表示]
首都高都心環状線を覆う人工地盤上に造った空間のイメージ(出所:中央区)
[画像のクリックで拡大表示]

 道路上空の民間利用などを可能にする「立体道路制度」を活用し、首都高の上部に人工地盤を設ける。首都高速道路会社は14年に策定した更新計画で、周辺のまちづくりとの連携として銀座付近で都心環状線の上空利用も想定している。

首都高速道路会社が更新計画に盛り込んだ掘割区間の上部空間活用のイメージ(出所:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 首都高は、この区間の更新工事を20年の東京五輪後に始め、28年度に終えるとしている。中央区では、首都高の具体策が固まる前に、調査や検討の結果を基に区の考え方を示す方針だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら