鹿島は、山岳トンネル工事でコンピュータージャンボによる削孔データや切り羽の画像などを組み合わせ、切り羽崩落の危険性をリアルタイムで評価する「スマート切羽ウォッチャー」を開発した。岩手県で施工中のトンネル工事で適用済み。今後、コンピュータージャンボを導入する全ての現場で活用し、切り羽崩落による事故をゼロにする目標を掲げる。

「スマート切羽ウォッチャー」の全体像(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 新システムは、2つの地山評価システムから成る。 

 1つは、コンピュータージャンボによる削孔速度や打撃圧などのデータから地山の弾性波速度を解析し、周辺の地質分布を予測するシステム。データ取得からわずか1分で、切り羽前方5m分の地質分布が分かる。

コンピュータージャンボによる削孔時のデータを地球統計学手法に基づいて解析し、周辺の地質分布を予測する(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 予測結果は切り羽付近にいる作業員が持つタブレット端末に即座に転送する。さらに、もろい地盤が80%以上の確率で出現する箇所を切り羽前方30mの範囲まで示し、注意を促す機能も備える。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら