みなさん、モバイルしていますか?

 モバイルでパソコンを利用するときに便利なのが、スマートフォンのテザリングです。公衆無線LANのエリアを探す手間を考えると、スマートフォンのテザリングを利用したほうが、モバイルでの自由度が大幅にアップします。

 しかし、パソコンからのテザリング利用には問題があります。高速で利用できる月間通信量です。

パソコンからのテザリング利用は要注意

 通信量は、スマートフォンで利用するよりパソコンで利用するほうが増えがちです。Webブラウジングが典型例でしょう。Webサイトの中には、パソコンからアクセスするとPC用のサイトが表示され、スマートフォンからアクセスするとスマートフォン用のサイトが表示されるところがよくあります。スマートフォンからのほうが通信量が少なくて済みます。

 またSNSは、スマートフォンでは専用アプリが提供され通信量を節約できるようになっています。これに対してパソコンはWebブラウザーからアクセスするのが一般的で、スマートフォンより通信量が大きくなりがちです。

 パソコンで長時間通信をする場合は、公衆無線LANを探した方が良いでしょう。パソコンとスマートフォンを併用して、「ネット関連のアクセスはなるべくスマートフォン、パソコンはローカルでのテキスト入力や画像編集などの作業に」という使い分けも、通信量の節約につながります。

 筆者は、モバイル用PCとして、7インチ画面の小型ノートパソコン「GPD Pocket」を持ち歩いています。このパソコンは、前述したスマートフォンとの併用によって、通信量を節約しながら利用しています。それでも出先での作業が多いため、筆者は月間通信量が20GBの携帯電話サービスを契約しています。

 月に20GBは多いようですが、だいたいは月末が近くなると通信量の残りが心もとなくなってきます。筆者が契約しているサービスは通信量を使い切ると通信速度が低速になってしまいますので、月末は節約しながら利用しています。

忽然と消えた20GB、原因は?

 しかし先日、驚くべきことがありました。月初にこの高速通信量20GBを使い切ってしまったのです。特に動画を視聴した覚えもないので、最初は理由が分かりませんでした。

20GBの高速通信量を使い切ってしまった
[画像のクリックで拡大表示]