AirDropの設定はコントロールセンターで

 AirDropはデータ送信にWi-Fiを使うと前述したが、近くにある送信可能な端末を見つけ、互いを認証するなどの制御情報のやり取りにはBluetoothが使われている。そのため送信側と受信側の双方の端末で、Wi-FiとBluetoothがオンになっていなければならない。Wi-Fiはアクセスポイントに接続していなくてもよい。

 会社貸与のiPhoneなどで機能制限がかかっておりBluetoothがオンにならない場合は、残念ながらAirDropも利用できない点に注意しよう。

 AirDropの設定は、いつでも簡単に開ける「コントロールセンター」を使う方法がお薦めだ。

 コントロールセンターは、iPhone Xでは画面上部にある切り欠きの右側を下にスワイプ、それ以外の機種では画面を下から上にスワイプすると表示される。

 ただし、コントロールセンターを開いて最初に表示される画面には「AirDrop」は見当たらない。上段左側のネットワーク関連ブロックを強めに押すと現れる。

AirDropを設定するには、コントロールセンターを開いて通信関連のブロックを強めに押そう(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
通信関連ブロックを強めに押して表示される画面。ここで「AirDrop」をタップして設定を切り替える(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 設定を「連絡先のみ」あるいは「すべての人」にしておくと、他の端末からAirDropで写真などのデータを受信できるようになる。これらの違いは次に紹介する。