「AirDrop」(エアドロップ)は、近くにあるアップル製端末間でファイルやURL、位置情報などを送受信する機能だ。撮影した写真をそばの人にすぐ手渡したいときに、iPhone同士ならAirDropを使って手軽に送信できる。

(写真:伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 「SNSやメッセンジャーアプリを使えばよいのでは」と思うかもしれない。だが、AirDropはWi-Fiを使うため、データ量が多くても短時間で送受信できる。また端末同士が直接通信する方式なので、Wi-Fiのアクセスポイントを必要とせず、どこでも利用できるため使い勝手もよい。もちろん携帯電話回線の通信容量も消費しない。

 そんな良いことずくめのAirDropなのだが、最近はこれを悪用し、人が不快に感じる画像を見知らぬ人に送りつける「AirDrop痴漢」と呼ばれる被害が報告されている。今回はAirDropの使い方と、AirDrop痴漢に遭わないようにする設定を紹介しよう。

写真をAirDropで送ってみよう

 「写真」アプリで送りたい写真を選択し、画面下部の左にある「共有」ボタンをタップしよう。四角形と矢印を組み合わせたアイコンだ。続いて表示される画面に「タップしてAirDropで共有」という欄があり、受信側の端末のロックが解除されていればAirDropで送信可能な端末として表示されるのでタップしよう。これで送信側ですることは終わり。

「写真」アプリで相手に送りたい写真を選択し「共有」ボタンをタップする(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 受信側の端末には、相手が共有しようとしている旨のメッセージとデータのプレビューが表示される。この時点ではまだデータ本体の受信を完了していない。「受け入れる」をタップすると受信を開始し、「辞退」では受信しない。

「タップしてAirDropで共有」欄に表示されている送りたい相手の端末をタップすると送信待機(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
受信側端末に表示される画面で「受け入れる」をタップすると受信開始
[画像のクリックで拡大表示]

 「共有」ボタンからAirDropで送信する機能は「写真」アプリだけのものではない。「マップ」アプリで位置情報や経路情報、「ボイスメモ」アプリで録音した音声データなど、様々なアプリで利用可能だ。対応するサードパーティ製アプリも増えている。

 もし「タップしてAirDropで共有」欄に相手の端末が表示されない場合は、次で紹介する設定を確認してみよう。