ブラザーがドキュメントスキャナーの新製品「ADS-2200」を発売した。一昔前に見たことのあるようなシンプルなデザインだなと思っていたら、今さらという感じがするUSB接続専用モデルだった。

 Wi-Fi接続のドキュメントスキャナーが当たり前になっている昨今、なぜあえてUSB接続専用なのだろうか?それらを含めてレビューしていく。

 一見しただけで特徴はコンパクトさだ。ワイヤレスで利用できる機能てんこ盛りのモデル「ADS-3600W」と比べてみよう。

ブラザーのドキュメントスキャナー「ADS-2200」と「ADS-3600W」の比較
[画像のクリックで拡大表示]

 本体サイズはややコンパクトで、重量は半分近い。実際に使ってみると、必要な時だけ引っ張り出してきて机の上に置いても負担はなかった。僕は普段からドキュメントスキャナーを利用しているが、机の上では盛大に場所を取っている。コンパクトさは1つの特徴といえるだろう。

ADS-2200はコンパクトなサイズが魅力のモデルだ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
用紙トレイを引きだしても小さい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら