近年、日本の電子機器メーカーや半導体、電子部品メーカーの多くが、自社製品のターゲットを民生機器市場から産業機器市場へと移している。民生機器市場は、価格競争が激しく、なおかつ市況に応じて大きく需要が変動する。これに対し、産業機器市場は、高付加価値製品が売れ、需要も安定していると考えているからだ。

 産業機器市場は多品種少量生産になりがちであり、この点はメーカーにとっての悩みの種になる。少品種大量生産が基本の民生機器の開発や生産とは別の事業の仕組みが求められる。ただし、これは一般的な傾向であり、すべての産業機器市場の製品が、多品種少量生産になるわけではない。安定感と高付加価値、さらには大量生産の要求が高い市場があれば、まさにメーカーにとって垂涎(ぜん)の市場となる。

 LPWAサービスの本格化によるIoT応用の広がりの方向性、さらに関連サプライヤー企業に生まれる商機などについて議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は某ICT関連企業の半導体部品ユーザー氏である。産業機器の範疇(ちゅう)に入る市場特性でありながら、大量生産が見込めるインフラ向け市場の魅力とその開拓に際して望むことなどについて論じている。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
いち半導体部品ユーザー
某ICT関連企業
いち半導体部品ユーザー ICT関連企業で装置開発に必要な半導体部品技術を担当。装置開発側の立場だが部品メーカーと装置開発の中間の立場で両方の視点で半導体部品技術を見ている。
【質問1】LPWAサービスの本格化によって、どのような分野でのIoT応用が進むと思われますか?
【回答】急いでほしいのは災害監視
【質問2】LPWAは、半導体・電子部品のサプライヤーにとって、スマートフォンに匹敵するビジネスになる可能性があると思われますか?
【回答】 LPWAは、まずあまりビジネスを考えてほしくない
【質問3】規格が並立するLPWAですが、特定規格に収束し、業界標準が生まれる可能性があると思われますか?
【回答】ある程度の整理はあるが複数の規格が併存する

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら