CPUコアの勢力図は、IT分野の「x86」と組み込み分野の「Arm」が二分。それぞれの分野で独占的な体制を築いている。こうした中、CPUのオープンな命令セット・アーキテクチャー(ISA)である「RISC-V(ファイブ)」に注目が集まっている。

 RISC-Vの管理団体であるRISC-V Foundationのメンバーは、100の企業や団体を越えるまでに膨らんだ。しかもそこには、米グーグル(Google)、米マイクロソフト(Microsoft)、米IBM、米エヌビディア(NVIDIA)などといった、そうそうたる顔ぶれが並んでいる。さらに、インドが国家ISAに採用、米国防高等研究計画局(DARPA)もセキュアマイクロコントローラーに採用と、国家レベルでRISC-Vを採用する動きも出てきている。

 RISC-Vは、カリフォルニア大学バークレー校が研究用に開発した5世代目のISA。ライセンスフリー/ロイヤリティフリーで利用できることが最大の特長であり、加えて、(1)命令セットがシンプル、(2)まっさらな状態から作られたしがらみのないISA、(3)実装次第でマイコンから科学技術計算などHPC(高性能計算)までスケーラブルにカバーできる、(4)命令セットの拡張や特殊化が容易で特定用途での高性能化が可能、などユーザーにとって魅力的な数々の特長も備えている。

 今回のテクノ大喜利では、特に組み込みシステムへの応用を中心にして、「RISC-Vは、Armの牙城を崩せるか?」をテーマに、RISC-Vの活用シーンとCPUコアの勢力図、そしてそのインパクトなどを議論する。最初の回答者は、野村證券の和田木哲哉氏である。同氏は、現在の組み込みCPUコアに求められていることを考察し、時代の要請に応えるCPUコアとしてのRISC-Vの適性を論じた。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
和田木 哲哉(わだき てつや)
野村證券 グローバル・リサーチ本部 エクイティ・リサーチ部 エレクトロニクス・チーム マネージング・ディレクター
和田木 哲哉(わだき てつや)  1991年早稲田大学 教育卒。東京エレクトロンを経て、2000年に野村證券入社。アナリストとして精密機械・半導体製造装置セクター担当。2017年、Institutional Investor誌 アナリストランキング1位、日経ヴェリタス人気アナリストランキング 精密半導体製造装置セクター 1位。著書に「爆発する太陽電池産業」(東洋経済)、「徹底解析半導体製造装置産業」(工業調査会)など。
【質問1】今、組み込み用CPUコアのArmによる独占を、RISC-Vが切り崩す意義はあるのでしょうか?
【回答】 IoTによる産業発展 
【質問2】RISC-Vは、Armの独占体制を崩す可能性があると思われますか?
【回答】 Arm独占体制を崩す可能性はあるが、100%ではない
【質問3】RISC-Vの活用が拡大することで、CPUユーザーや半導体業界にはどのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】大いにプラス

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら