電機電子業界で、新しい時代を開くような機器やシステムを創出するイノベーターたちは苦労が尽きない。開発する機器やシステムは、数多くの部品を組み合わせて構成するのだが、それらはどれひとつとして開発したい機器に適した仕様に作られているわけではないのだから。別の用途に向けて開発された部品を、上手に使いこなして、新しい価値を生み出していかなければならない。

 イノベーターたちが生み出した斬新な機器が大きな市場を形成するようになると、その機器への搭載に特化した部品が数多く出回るようになる。すると、部品レベルから用途を最適化した機器は、もう一段高いレベルへと進化していく。創成期のコンピューターも、パソコンも、スマートフォンもみんなそのようにして進化していった。もしも、それぞれの機器の創成期に、目的外への使用を禁止する部品があったら、時代を開く機器は生まれただろうか。また、それに続く、巨大な部品市場は形成されただろうか。

 米エヌビディア(NVIDIA)による、自社製GPUのデータセンター使用での使用許諾契約(End User License Agreement:EULA)改定が客観的にどのように見えているのか、その妥当性と波及効果、ユーザーの自衛策を議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、顧客とサプライヤーの関係とは何かという観点から、今回の件を考えるうえでの論点を提示する。また、NVIDIAとかつての日本の半導体メーカーのビジネスを比較し、顧客とサプライヤーの関係の違いを論じて、得られる教訓を考察している。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
服部 毅(はっとり たけし)
服部コンサルティング インターナショナル 代表
服部 毅(はっとり たけし)  大手電機メーカーに30年余り勤務し、半導体部門で基礎研究、デバイス・プロセス開発から量産ラインの歩留まり向上まで広範な業務を担当。この間、本社経営/研究企画業務、米国スタンフォード大学 留学、同 集積回路研究所客員研究員なども経験。2007年に技術・経営コンサルタント、国際技術ジャーナリストとして独立し現在に至る。The Electrochemical Society (ECS)フェロー・終身名誉会員。マイナビニュースや日経テクノロジーオンラインなどに、グローバルな見地から半導体・ハイテク産業動向を随時執筆中。近著に「メガトレンド半導体2014-2023(日経BP社)」「表面・界面技術ハンドブック(NTS社)」「半導体・MEMSのための超臨界流体」(コロナ社)がある(共に共著)。
【質問1】NVIDIAの契約改定は、妥当だと思いますか、それとも専横的だと思いますか?
【回答】ダントツ寡占企業ゆえの専横に見える
【質問2】契約改定によって、クラウドサービスのビジネスにどのような影響が及ぶと思われますか? 
【回答】一部営業停止、利益圧縮のためユーザー利用料金値上げ、さらには顧客減少
【質問3】突然の契約改定からビジネスを守るため、サービス事業者はどのような自衛策を講じるべきと思われますか?
【回答】1社依存を改め2社購買の促進、ライバルメーカーの育成、専用IC開発

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら