「理学・物理学と工学・産業を結ぶ学会」として、80年以上の歴史がある応用物理学会。半導体や超伝導、有機エレクトロニクス、パワー半導体など、産業界に欠かせない技術の研究開発の最前線が、応用物理学会に集まる。数多くの技術が、応用物理学会から産業界に羽ばたいていった。2014年のノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇氏(名城大学)、天野浩氏(名古屋大学)、中村修二氏(米University of California Santa Barbara校)も、応用物理学会で青色LEDの研究開発状況を報告していた。

 本コラムでは、応用物理学会が発行する機関誌『応用物理』に掲載されたコンテンツの中から、日経テクノロジーオンラインの読者の皆さんにぜひ知っていただきたい技術の記事を抜粋して紹介する(『応用物理』の最新号へのリンク、最新号の概要へのリンク(PDF))。さらに抜粋記事に加え、応用物理学会の関連分野で今後注目度が高まるテーマについてのオリジナル記事も紹介していく。

これまでの連載はこちら