いまや海外に工場を持つのは当たり前の時代。技術者といえどもいつ何時海外赴任を命じられるか分からない。大手メーカーで海外拠点の社長を経験し、国内外の工場の建て直しなどを数多く手掛けてきた凄腕コンサルタントが、海外赴任と工場運営にまつわるあれこれを語る。

高橋功吉(たかはし こうきち)
ジェムコ日本経営 常務理事 グローバル事業担当
高橋功吉(たかはし こうきち) 大手家電メーカーにて、海外経営責任者などの要職を歴任後、ジェムコ日本経営に入社。2007年執行役員、2011年6月より取締役。上場企業経営トップおよびボードメンバーへの顧問型経営支援をはじめ、グローバル戦略の構築から、製造現場の現場力向上、品質革新など、経営全般にわたり幅広く活躍している。実践に裏打ちされた「わかりやすい」コンサルティングが身上。『ものづくり経営入門』(日経BP)他、多くの雑誌や媒体への執筆や講演も多い。 主な資格は、ICMCI(国際公認経営コンサルティング協議会)認定コンサルタント、公益社団法人全日本能率連盟認定 マスターマネジメントコンサルタント、中小企業診断士。

2018年1月までの連載はこちら